2010-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の民家建築

代表とされるのは大和棟ですね

古民家

18世紀中頃から造られはじめたようです
間取りは田の字形と呼ばれる整形四間取りが多い
竈屋上部は瓦葺の落棟となり、草葺屋根の両端には高塀が立ち上がっています

五條市の堀家住宅は文化財に指定されている最も古い民家です
(室町時代の建築・明治時代に大改造されています)
五條市の栗山家住宅は建築年代が明確な最も古い民家です(1607年)
御所市の中村家住宅(1632年)、宇陀市の笹岡家住宅(1624~44)、同じく片岡家住宅(1669)など
ひじょうに古い民家が存在しています

今井町には今西家住宅(1650)、豊田家住宅(1662)を含む10件の文化財指定された民家があります
安堵町の中家住宅や橿原市の森村家住宅は母屋だけでなく屋敷構えすべてが保存されています

大和民俗公園には県内の古民家が移築保存されています
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。