2010-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西大寺の大茶盛式 

なごやかで和気あいあいとした茶会です

大茶盛

大茶盛式が生まれたのは、鎌倉時代の延応元年(1239)と伝わります
西大寺を復興した叡尊が、延応元年の正月に大切な法要を無事にすませたお礼に西大寺の鎭守八幡宮に茶を献じ、その余服を集まった人びとに分け与えたのが始まりと言われています

当時、お茶は貴族の高貴薬であり、民衆の手に入らないものでした
今のような抹茶茶碗のない時代でしたので、どんぶりや水鉢に注いだお茶をみんなでまわして飲んだそうです

西大寺は戒律により飲酒が禁じられていたため、お茶で宴会をしたので「酒盛」に代わり「茶盛」と称されたそうです
この大茶盛は興正菩薩叡尊の薬を施すという福祉の精神と、戒律の不飲酒戒の精神が基礎となり、今日まで連綿と伝承されています

現代では大広間にて執り行われ、口径一尺二寸(直径40センチ程)の大茶椀で回りの人に助けられながらお茶を飲む雰囲気は実に和やかで、「一味和合」の趣です

「初釜大茶盛式」 毎年1月15日
 受付:10:00~16:00
 内容:本堂参拝、大茶盛式 
 拝服料:1,000円
「春の大茶盛式」 4月第2日曜日と前日の土曜日 
 受付:9:00~15:30
 内容:大茶盛席、煎茶席、点心席、本堂参拝、護摩祈願(古茶筅供養します) 
 拝服料:3,000円
「秋の大茶盛式」 10月第2日曜日 
 受付:9:00~15:30
 内容:大茶盛席、煎茶席、点心席、本堂参拝、護摩祈願(古茶筅供養します) 
 拝服料:3,000円

 30名以上の団体で予約すれば上記以外の日でも大茶盛席を開いてくれます
 拝服料: 1,000円(1人)
 *個人で便乗可能(問合せ:0742-45-4700 西大寺

参考;JR東海 うましうるわし奈良のページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。