2010-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の寺院建築

時代とともに寺院の建築様式も変わっていきました

法隆寺

仏教の創世期には寺院らしい建造物は存在せず、僧の集団が雨を凌ぐ程度の洞窟や庵が存在したとされます

当初は舎利崇拝でした、塔婆・堂宇と僧侶の生活する僧院・講堂・鐘楼等とは別個に展開していました
両者が結びついて寺院が形成されていきました

飛鳥時代には法隆寺の柱に於けるエンタシスや軒を大きく取り、高い基壇が見受けられます
奈良時代には南都仏教が最盛期を迎え、寺院建築の建立に渡来系の工人が多く入り、規模の大きさと華麗さを特徴としています
平安時代には山岳寺院が多くなり伽藍配置などに変化が見られ、密教の影響か礼堂を持った寺院が現れます
鎌倉時代には天竺様、唐様建築が現れました
室町時代には和様・唐様・天竺様が混同され、鎌倉時代に誕生した宗派が成長して洗練された大規模な寺院が現れます

建築様式は和様・天竺様(大仏様)・唐様(禅宗様)に分類されます

大仏殿模型

【和様】
日本の寺院建築は仏教の伝来に大きく関係しています
仏教が大陸より我が国に伝えられた時、同時に渡来した工匠によって中国式の寺院が築造されました
この初期の建物が法隆寺金堂と五重塔です
時代が進み中国唐時代の伝来様式の代表例が薬師寺東塔です
和様建築はこれら伝来の建築様式を日本風に改良改善した様式であり、代表例は唐招提寺金堂です
平安時代になると密教寺院様式と浄土寺院様式が誕生します
密教寺院は山岳の地形に応じて建てられた寺院様式で、天台宗比叡山延暦寺や真言宗高野山金剛峰寺などです
浄土寺院は皇族・貴族が極楽浄土に往生することを目的とし、これを具現化するために建てられたもので、宇治の平等院が代表的です

【天竺様(大仏様)】
鎌倉時代になると中国から初期の大仏様が伝来します
東大寺南大門や浄土寺浄土堂が現在見受けられます
様式的には挿肘木(さしひじき)を何段にも柱に差し込み、全てに皿斗を設け合理的な構造と部材による雄大で豪快な造りが特徴です
内部から見ると天井を張らず虹梁と束を積み重ねて屋根を支え、大仏様の持つ構造美を最もよく表現しているものです

【唐様(禅宗様)】
禅宗様式も鎌倉時代に禅宗とともに導入された宋の建築様式で主に禅宗寺院の建物に用いられました
禅宗様の特徴としては屋根の裾が反り返っていることや、軒下の斗きょうが詰め組みであり、また窓の形が火頭窓となっていることが挙げられます
禅宗寺院は武家勢力の庇護により数多く建立されたことで、和様とともに寺院建築の主流となりました
禅宗様は唐様(からよう)とも言います

【折衷様】
和様を基にし大仏様や禅宗様の建築様式の優れた技法を取り入れた様式を折衷様と言います
鎌倉時代に導入された禅宗様式は禅宗の隆盛に伴い盛大に発展
室町時代には多くの折衷様式建築が現れるようになりました
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。