2010-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

談山神社のけまり祭

けまり祭

藤原鎌足公が飛鳥法興寺の蹴鞠会で中大兄皇子とはじめてまみえ、「大化改新」の発端となった古事にちなんで行われる雅やかな祭です

毎年4月29日(昭和の日)と11月3日(文化の日)に行われます
けまり奉納は蹴鞠の庭にて11時より行われます

今からおよそ1400年前、中国から伝わったと言われています
歴代天皇始め宮中の高官・ 将軍・大名・室町江戸時代では庶民に至るまで広く行われていたようです

明治維新頃には―旦跡絶えました
明治38年、明治天皇の御下命により蹴鞠保存会を創立して現在に至っています

蹴鞠は8名(又は6名)が1グループとなり、鞠を足で蹴って地に落さず、手を用いず独特の装束をつけて行われます
この蹴鞠には勝敗がなく、上手な人は蹴り易い鞠を相手に与えるのが蹴鞠の道とされています
鞠庭に出入りするにも作法があるそうです
鞠を蹴る時のかけ声には、「アリ」・「ヤ」・「オウ」の三声があります
鞠の神の名を称え乍ら蹴って合図とします
掛け声の長短・抑揚により鞠の受け渡しを正確にして、鞠を奪い合ったり受けそんじのないようにします
普通は10~15分で終ります

参考;談山神社の公式サイト
場所等はこちら  談山神社
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。