2011-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂糖傳の御門米飴

米を原料として麦芽で糖化した水飴です

砂糖傳の御門米飴

≪米飴≫
 甘さは砂糖の半分位
 起源は定かではありませんが、古来より飴または甘味料として製造・利用されていました
 千年以上の歴史があるとされます

御門米飴の由来
 故清水公照師(元東大寺長老)伝として
 「わしは子供の頃から水飴が大好きだったけれど、 この頃、うまい飴がなくなったなぁ」
 早速、米飴を持っていくと、「こんなうまい飴を壷に詰めて売ってみたらどうや
奈良らしい良いお土産になるで」とおっしゃり、傍らにあった紙に「米飴」と書かれました
 「昔、奈良の都には、七つの御門があったそうや。遣唐使が出て行くには、その何れかの御門を通り、他国の使が来られるときもどれかの御門から入られた
 米飴と いうのも神代から日本で作られていたかもしれないが、それを改良する知恵はシルクロ ードから入ってきたかもしれん
 だから、御門をつけて御門米飴と言う固有名詞にした らどうや」と言って御門米飴と達筆で書かれたそうです

 麦芽糖は低甘味でまろやかな食感のうえ、味にクセがありませんので、そのままでも美味しく召し上がっていただけます
 (昔から風邪をひいた時にのど飴として食べ、栄養源として重宝されています)

 砂糖傳増尾商店のホームページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。