2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広瀬大社の砂かけ祭

砂を雨に見立ててかけ合います

砂かけ祭

廣瀬大社の大忌祭の中で行われていた一行事です
現在は毎年2月11日に行われています

祭典は二部に分かれており、五穀豊穣と雨水の多量を願うと共に厄除けを願う祭りでもあります
行事は木製の牛面をかぶった牛役・田人(お百姓)と早乙女によって行われます

午前11時から【殿上の儀】が行われます
祝詞奏上の後、苗代作り・苗代巡り・苗植えの順に所作を行います

午後2時から【庭上の儀】が行われます
拝殿前の広場に青竹を四本立て、注連縄を張って田圃に見立てます
行う事は殿上の儀と同様ですが、太鼓の合図で田人が、あるいは田人と牛が出て田植えの所作をした後、参拝者に砂をかけます
それに対し、参拝者が掛け返し、砂合戦が始まります
このことから「砂かけ祭」と呼ばれます
この砂のかけあいは、一回五分程度で八回繰り返されます

廣瀬大社の砂かけ祭は、祭儀としては昔の田作りの模範田植えであり、水神であることから砂を雨に見立てて雨降りを祈願をするところに特徴がある祭礼です

参考;広瀬大社のページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。