2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正暦寺の金銅薬師如来倚像

正暦寺の本尊(秘仏)です
 
国指定の重要文化財です

正暦寺金銅薬師如来倚像
 
台座に腰を掛け、踏割蓮華(ふみわりれんげ)の上に足を置く倚像スタイルの金銅仏です
鳥羽天皇の病気平癒のため、この仏像を宮中に移して祈願したこともあったそうです
像高は約35cm
白鳳時代(645年~710年頃)の作とされます
背後には平安時代の薬師如来が置かれ、その両側には日光・月光菩薩が立ちます

特別開扉;4月18日「薬師会式」~5月8日、11月1日~30日、12月22日「冬至祭」
 瑠璃殿(宝物館)で公開されます

福寿院の客殿に県指定文化財の木造孔雀明王坐像(鎌倉時代作)が有ります

明王は普通忿怒の相をしますが、孔雀明王は菩薩顔をした異形の明王です
尾羽を光背代わりに広げた孔雀の上に乗っています
孔雀は毒虫や毒蛇を食べることから、人々の災厄や苦痛を取り除く功徳があるとされ信仰されてきました
左右には不動明王と愛染明王が安置されています

場所などは こちら 正暦寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。