2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大柳生の太鼓踊り

室町時代に豊作を祈って始められたと伝わる行事です

大柳生の太鼓踊り

毎年、8月17日直前の土曜日 午後8時に行われます

県の無形民俗文化財に指定される伝統行事です

大柳生では、3つの集落(上出垣内、西垣内、塔坂垣内)で宮座を作ります
氏神「夜支布山口神社」の分神を祀る廻り明神のしきたりにより
賀当屋となった家の庭(現在は営農組合広場)で、氏子たちが盛大に太鼓踊りを奉納します

賀当屋となるのは長老格の氏子です
廻り明神は、一年交代で自宅に夜支布山口神社の分霊を祀るしきたりです
賀当屋がいる集落がその祭りを齋行する習わしになっているそうです

太鼓踊りは風流踊りの流れを汲むものです
賀当屋が選ばれた地区の青年が踊りの組を編成します
中踊り八人は頭に白鉢巻き、白布のたすきをかけ、胸にカンコ(太鼓)を吊り、背に檜の削り皮を束ねたシナイ(幣)を負います
中踊り八人は、羽織袴の歌あげ三人・笛二人・鉦一人で編成されます

太鼓中踊りは、「道中いりは」で踊りの場に練り込み、場所取り・打ち込みを経て、大太鼓の上に登って「口上」を述べ、踊り手はカンコを打ちながら二列になったり、位置を変えたりしながら踊ります
三地区ごとに伝承曲に差異があり、「大ジンヤク踊り」「小ジンヤク踊り」「屋敷踊り」「山伏踊り」「鎌倉踊り」「しのび踊り」などが踊られます
太鼓踊り終了後は盆踊りや相撲大会なども行われます

全国に見られる太鼓踊りは雨乞いに由来するものが多いとされます
大柳生の太鼓踊りは、出陣、凱旋の舞いとも考えられています
もともとは田楽などの系統芸能だったようです

問い合わせ:0742-22-3900(奈良市観光センター)

参考;奈良市のページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。