2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法隆寺地域の仏教建造物

平成5年登録のユネスコの文化遺産です
法隆寺
法隆寺、および法起寺の建造物の総称です

法隆寺地域には世界最古の木造建築が数多く残っています
7世紀に法隆寺・法起寺法輪寺などの仏教寺院が造営され、現在も宗教活動が続けられています

法隆寺は、7世紀初期に創建がはじまり、現在の伽藍は西院及び東院と子院群で構成されます
西院は7世紀後半から8世紀初頭にかけて再建され、東院は8世紀前半に建設されています
西院の主要建物である金堂・五重塔・中門・回廊は、中国や朝鮮にも残存しない初期の仏教建築様式です
両院の周囲にある子院は12世紀ごろから建築され、その数を増やしていきました
17世紀から18世紀にかけての建物も多く、日本の仏教寺院建築の変遷を窺うことのできる文化遺産が集約されている地域でもあります

法起寺は7世紀に創建された寺院ですが、いまは706年に完成した三重塔のみが残っており、法隆寺西院と同様、初期の仏教建築様式による建物です

【評価の基準】
法隆寺の建造物群が、木造建築としての構造・配置両観点からが傑作である。
同建造物群が仏教伝来直後の仏教建築物で、日本の宗教建築に深い影響を及ぼした。
同建築物群は、中国文化への順応、日本の寺院建築の配置、および、結果的に日本独特の様式を確立した代表的な例である。
日本への仏教の流入、および聖徳太子の仏教奨励が、同地域への仏教の浸透に際立った特徴を示している。
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。