2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊山地の霊場と参詣道

奈良と和歌山にまたがるユネスコの文化遺産です

「吉野・大峯」「熊野三山」「高野山」の三つの霊場と、それらを結ぶ「参詣道」から構成されます

平成16年に登録されました

評価の基準
*紀伊山地の文化的景観を形成する記念碑と遺跡は神道と仏教のたぐいまれな融合であり、東アジアにおける宗教文化の交流と発展を例証する。
*紀伊山地の神社と仏教寺院は、それらに関連する宗教儀式とともに、1000年以上にわたる日本の宗教文化の発展に関するひときわ優れた証拠性を有する。
*紀伊山地は神社・寺院建築のたぐいまれな形式の創造の素地となり、それらは日本の紀伊山地以外の寺院・神社建築に重要な影響を与えた。
*と同時に、紀伊山地の遺跡と森林景観は、過去1200年以上にわたる聖山の持続的で並外れて記録に残されている伝統を反映している。

奈良県内の構成資産
霊場「吉野・大峯」
 農耕に不可欠な水を支配する山あるいは金などの鉱物資源を産出する山として崇められた「金峯山」を中心とする「吉野」の地域と、その南に連続する山岳修行の場である「大峯」の地域からなります
 修験道の中心的聖地として発展し、日本中から多くの修験者が訪れ、全国各地に山岳霊場が形成されていきました
吉野山吉野水分神社金峯神社金峯山寺吉水神社大峰山寺
○大峯奥駈道にある玉置神社

蔵王堂

和歌山県内の構成資産
霊場「熊野三山」
 「熊野三山」あるいは「熊野三所権現」と呼ばれ、多くの皇族・貴族の崇敬を集めました
○熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、青岸渡寺、那智大滝、那智原始林、補陀洛山寺

霊場「高野山」
 真言密教の山岳修行道場として816年に創建した「金剛峯寺」を中心とする霊場です
○丹生都比売神社、金剛峯寺、慈尊院、丹生官省符神社

参詣道
 三霊場に対する信仰が盛んになるにつれて形成され、整備された「大峯奥駈道」、「熊野参詣道」、「高野山町石道」と呼ばれる三つの道です
 人々が下界から神仏の宿る浄域に近づくための修行の場であり、険しく清浄な自然環境のなかに今日まで良好な状態で遺り、沿道の山岳・森林と一体となった文化的景観を形成しています
○大峯奥駈道、熊野参詣道(中辺路・小辺路・大辺路・伊勢路)、高野山町石道

参考;文化遺産オンラインのページユネスコのページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。