2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛鳥の蘇

古代のチーズです
飛鳥の蘇

 7世紀末の文武天皇の時代に、天香具山の南で飛鳥最大の蘇(そ)が作られた記録があります

 中央アジアの草原のパオの中で生まれた美味な固形物であった蘇は、シルクロードを通り、飛鳥の都へ伝わって来たと思われます

 製造方法は原乳の牛乳を加熱しながら練って、どんどん煮詰めていきます
 32リットルの牛乳を約8時間煮詰めて約4キロの「蘇」ができます
 最初は真っ白だった牛乳も数時間加熱したらだんだん薄く茶色に色づき、煮詰まった頃には濃いキャラメル色になります
 その煮詰めて固めた物をお弁当箱のような木箱に流し込み冷蔵庫で冷やし固めます
 
 味は、ほんのりと甘く香ばしい
 歯触りは、しっとりとしたケーキかクッキーのような感じで、素朴なお菓子の様です

みるく工房飛鳥のホームページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。