2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

采女祭

『采女祭』は中秋の名月の日に行われます

采女祭

采女神社:猿沢池の西北の隅に鳥居を背にした珍しい後ろ向きの神社があります

=大和物語の采女伝説=
大変美しかった采女は帝に寵愛を受けていましたが、いつしか帝は心変わりをしてしまいました
采女は嘆いて、池畔の柳に衣を掛け、猿沢池に身を投げてしまったそうです
人々は采女の霊を慰めるため、猿沢池のほとりに社を建てたのですが、身を投げた池を見るにしのびず一夜にして、後ろ向きになったそうです


夕方5時、JR奈良駅前から猿沢池のほとりに建つ采女神社まで花扇奉納行列が行われます
 
花扇は秋の七草で美しく飾られ高さ2mほどあります
昭和28年に作られ采女祭で用いられるようになりました
このことから別名「花扇祭」とも呼ばれています

数十人の稚児、御所車に乗った十二単姿の花扇使や姉妹都市・福島県郡山市のミスうねめ、ミス奈良などが天平衣装をまとって市内を練り歩きます

6時に春日大社神官による厳かな神事の後、花扇が奉納されます

7時に雅楽が流れるなか、花扇をはじめ、花扇使・ミスうねめ・ミス奈良を乗せた2隻の管絃船(龍頭・鷁首)が、猿沢池に浮かぶ40余りの流し灯籠の間をぬ って池をめぐり、最後には花扇を池中に投じます

リンク:春日野観光のページ

*采女(うねめ)は後宮で帝の給仕をする女官のこと
猿沢の池はこちら  猿沢の池
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。