2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉の故地・吉野

吉野宮滝

吉野川流域を中心とした一帯をいいます
応神・雄略・斉明・天武・持統・文武・元正・聖武の各天皇が吉野に行幸されています
吉野離宮の場所は、最近の発掘調査などから「宮滝遺跡」がそうではないかと有力視されています

第一巻0027: 淑き人のよしとよく見てよしと言ひし吉野よく見よ良き人よく見(天武天皇)
第一巻0036: やすみしし わが大王の 聞こしめす 天の下に 国はしも 沢にあれども 山川の 清き河内と 御心を
吉野の国の 花散らふ 秋津の野辺に 宮柱 太しきませば ももしきの 大宮人は 船並めて 朝川渡り 舟競い 夕川渡る
この川の 絶ゆることなく この山の いや高知らす 水激つ 滝の宮処は 見れど飽かぬかも....(長歌)(柿本人麻呂)
第一巻0037: 見れど飽かぬ吉野の川の常滑の絶ゆることなくまたかへり見む)...(反歌)(柿本人麻呂)
第一巻0039: 山川も依りて仕ふる神ながらたぎつ河内に舟出せすかも
第三巻0315: み吉野の吉野の宮は山からし貴くあらし.......(長歌)(中納言大伴卿)
第六巻0909: 山高み白木綿花におちたぎつ瀧の河内は見れど飽かぬかも(笠金村)
第六巻1005: やすみしし我が大君の見したまふ吉野の宮は.......(長歌) (山部赤人)
第六巻1006: 神代より吉野の宮にあり通ひ高知らせるは山川をよみ(山部赤人) 
第九巻1713: 滝の上の三船の山ゆ秋津辺に来鳴き渡るは誰れ呼子鳥(作者未詳)
第九巻1714: 落ちたぎち流るる水の岩に触れ淀める淀に月の影見ゆ(作者未詳)

『やすみしし』は「わが大君」「わご大君」にかかる枕詞です

吉野離宮は、656年斉明天皇が「吉野宮」を造ると「日本書紀」に記されています
672年6月24日大海人皇子が近江朝打倒の為ここから出陣しています
679年の「吉野の盟約」後、持統天皇の吉野行幸は31回も続きました
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。