2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元興寺の節分柴燈護摩会

元興寺には元興神(がごぜ)という鬼がいて悪者を退治すると言い伝えがあることから「鬼は内、福は内」というそうです
節分柴燈護摩会

本堂で不動明王の僧侶による供養法が行われ、本堂前にて山伏が柴燈大護摩供が修されます

山伏の行列、剣術の奉納と続き、山伏による破魔矢が天に向かって放たれます
その後に杉の葉で囲まれた護摩壇木に火がつけられ護摩供養が始まります
極楽坊本堂前はものすごい勢いで炎が上がります

その後、護摩壇木が崩され境内の穴に渡し、また火をおこして火生三昧「火渡り」の行が行われます
修験者の法力によって、参拝者も年越し厄除けを願って渡ることができます
火に入るということは、仏に1歩近づくということを意味し、又それに向かう勇気を見せることが重要なのだそうです
小さい子も参加しています
山伏が気合を入れてくれて一気に渡って行きます
渡った人の話によると熱くないそうですが、欲深き人は熱いらしいとの事

火渡りが終わると豆まきが行われます
舞台から福豆が投げられますが、豆の取り合いが激しく、子供の参加は認められていません
(子供は事前に特別に用意された豆をもらうことができます)
また元興神「鬼」絵馬が授与されます 

日時;2月3日 13:00~
場所等はこちら  元興寺・極楽坊

参考;春日野観光のページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。