2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝山寺の厨子入五大明王像

手のひらに乗るほどの小像です
厨子入五大明王像

重要文化財
宝山寺聖天堂の右脇間に安置されています

 厨子高81.5cm、像高(不動明王)17.9cm
 木造彩色(不動明王金泥)
 江戸時代の元禄14年(1701)10月18日の造立

厨子内に不動明王を中心に、向かって右前方に降三世明王、左前方大威徳明王、左後方金剛夜叉明王、右後方軍荼利明王が納められています
それぞれ像高が13.6cmの小仏

 厨子扉朱漆銘によれば赤栴檀(しゃくせんだん)を用いたことがわかります
 湛海律師の自作、金色・朱・黒の配色が大胆な江戸彫刻の優作です

参考;不動明王降三世明王大威徳明王金剛夜叉明王軍荼利明王
 五大明王は、護国・除災を目的とする仁王経法の本尊として、平安時代以来盛んに造立されました
 密教の忿怒尊らしく、力感の籠った荒々しい像容と躍動的な姿勢に表現されます

場所等はこちら  宝山寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。