2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東明寺の仏像

木造薬師如来坐像と木造吉祥天立像
東明寺薬師如来 東明寺吉祥天

≪木造薬師如来坐像≫
樟材の一木造りで、像高は94cm
豊かに張った下膨れの頬と目じりの下がった目が印象的で、額がせまく、下顎が広い得意な面相です
肩が張り、胸幅が広く、膝も厚く大きく、全体としては堂々たる風貌を呈しています
衣文は丸く太い襞と、かどのとがった細い襞とが交互に繰り返すいわゆる翻波式衣文で、少し形式化していますが、この像の容貌によく似合っています
平安前期ごろの製作と推定されています

≪木造吉祥天立像≫
木造・彩色一木造りで、像高は91cm
両肩を割り矧ぎ、さらに両手首を矧ぎつけています
首が極端に短く両肩がいかり肩で、体躯にボリュームのある重厚な像です
丸顔の面部はやさしく、女性らしさが表れています
全体的に彫りは浅く、肉どりは平板であり、衣文の襞にも鋭さがありません
平安中期の作と推定されています
吉祥天は毘沙門天の妃とされ、福徳の女神として信仰されました
一般に唐風の貴婦人の姿で、左手に如意宝珠をのせるのが特徴です

他に木造地蔵菩薩坐像(平安時代の作)・木造毘沙門天立像(平安時代の作)が安置されています

通常は公開されていません
見学するにはお寺の許可を得てください

 場所等はこちら  東明寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。