2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらび餅

透明で見た目にも涼しげなため、夏の菓子として重用されます

わらび餅

伝統的に原料としてワラビから取れるデンプンであるわらび粉が使われたため、この名がつきました

わらび粉・水・砂糖を加熱しながら混ぜて作られる透明な生地で餡を包み、冷やし固めてきな粉をまぶした和菓子です

本物のわらび粉で作ったわらびもちは希少な高級品となっています
その他のデンプンのものは無色透明で涼しげなものですが、本来のわらび粉だけのものは茶色がかったものとなります

 千壽庵吉宗のページ

古くは平安時代、醍醐天皇の好物だったと伝えられます
鎌倉時代の初期・建久2年(1191)頃、臨済宗の栄西上人が宋より帰国
その後、栄西上人は「喫茶養生記」を著し、茶道が発展していきました
室町時代になって、お茶菓子(点心)の一つとしてわらび餅も登場してきます
一般に広がっていったのは、平安時代以降のようです
 わらび餅の作り方
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。