2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐招提寺の十一面観音菩薩立像

長身の十一面観音像です

 像高166cmの等身大ほどの像です

唐招提寺十一面観音菩薩立像
 旧講堂木彫群に含まれていた仏像で、現在は新宝蔵に安置されています
 もと唐招提寺山内にあった西山別院の像であったと伝えられます

 カヤの一木造で、胴を長く表わし肉付きは少なく、内刳りはされていません
 現在ほぼ全身素地を表わしているが、宝冠上面の頭髪部や天衣の一部などに木屎漆を盛ってあります
 作風は中国で8世紀半ば頃に数多く作られた小ぶりの檀像と似ています
 木目の美しさを生かし、切れ長の目や強く反りあがった唇のほか、胸飾りなどの細かな装飾も本体から直接鮮やかに掘り出しており、精緻な檀像の影響を感じさせます
 大陸との交流を通じて、木彫様式の影響を強く受けた重要な作例とされます

 場所等はこちら  唐招提寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。