2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡寺の如意輪観音像

わが国最大の塑像です

岡寺の如意輪観音像

如意輪観音としては最古で、奈良時代末の作成
像高4.6mの日本最大の塑像です
厄除け観音として信仰を集めています

如意輪観音像は6臂の坐像に表すものが多いが、本像は石山寺本尊などと同様の2臂像です
頭部は造像当初の部分が残りすが、体部はほとんど補修されています
脚部は本来半跏像であったものを現状のような坐像に改めたものだそうです

興福寺の言い伝えでは、弘法大師は法相学を義淵僧正→道慈→慶俊・勤操→空海という系統で学ばれたとなっています
義淵僧正の高徳を偲び、その菩提を祈る意味で、義淵僧正の廟のある岡のもとに一字を造り、如意輪観音の塑像大仏を造顕安置されたと考えられています

本尊胎内仏は銅造で31.2cmの小さな尊像です

 場所等はこちら  岡寺「龍蓋寺」
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。