2017-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極楽寺の阿弥陀如来像

安堵町にある紫雲山極楽寺の御本尊です

極楽寺の阿弥陀如来

藤原時代の秀作で、国の重要文化財に指定されています
像高は139cm
伏目のやさしい、満月のごとくおだやかに整った顔容、柔かい衣のヒダの刻出などから、本像が仏師定朝出現以後の藤原仏であることがうかがえる
大正11年に国宝(現重要文化財)に指定されています

「聖観音菩薩立像」
像高は85.5cm
全く内ぐりのない一木彫成像です
平安中期頃の作とされます
江戸時代は、極楽寺の本部にあたる「東之坊」の本尊であったとされています
現在は本尊の脇左側に安置されり、優しく微笑んでいます

「広島大仏」
高さ約4mあり、全身に金箔を施した木造阿弥陀如来座像です
戦後、広島県のお寺で原爆犠牲者を弔う仏様として祀られ、多くの方が手を合わせた仏様だそうです
胴体に比べ頭部が大きく、極楽浄土で瞑想をする姿を表す「定印」を結んでいます
 極楽寺のホームページ

 場所等はこちら  極楽寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。