2017-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真家「入江泰吉」

大和路の風景・仏像・行事など、奈良を代表する昭和時代の写真家です
写真家「入江泰吉」

明治38年(1805)11月5日、奈良市・東大寺の旧境内地・片原町の生まれ

1940年に朝日新聞社主催の「世界移動写真展」に組写真「春の文楽」を出品し、最高賞を受賞
1946年ごろから東大寺修二会「お水取り」を毎年取材するようになり、以後、30年以上撮り続けた
1976年に写真集「古色大和路」「万葉大和路」「花大和」の三部作で菊池寛賞を受賞

叙情あふれる風景や祈りの仏像、東大寺お水取りといった伝統行事、万葉の花など大和の美と心を表現
奈良市高畑町に、入江泰吉記念奈良市写真美術館があり、常時、入江作品を鑑賞することができます

これはこれはとばかり花の吉野山 宵月薬師寺伽藍 親子鹿
参考;ウィキペディア
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。