2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸家「富本憲吉」

最初に「人間国宝」に指定された一人です

tomimotokennkichi
 生駒郡安堵村(現・安堵町)の産まれ

 子供の時から絵を学んでいました
 東京美術学校に入学して建築(特に室内装飾)を専攻し、1908年にロンドンへ私費留学
 1911年、帰国後に出会ったバーナード・リーチの影響を受けて興味を持ちます
 富本憲吉とリーチ

 大正2年(1913)、故郷の裏庭に簡単な窯を作り楽焼作りを始めました
 1915年、本格的な窯を築き、独学で多くの技術を身に付けたそうです
 陶磁器の研究のため信楽、瀬戸など各地の窯場や朝鮮半島にも足を運いいでいます
 李朝に影響された物や民芸調の作品を制作する中で、白磁の焼成に成功しました
 (大正時代は主に奈良にいたため、大和時代と言われています)

 大正15年(1926)、世田谷に住まいを移し窯を築く(以降を東京時代ともいう)
 主に白磁、染付の作品を制作
 1927年の特別展で評判となり、名を知られるようになりました
 昭和10年代は本格的に色絵磁器の制作に励んでいます

 終戦後の昭和21年(1946)、美術学校および芸術院会員を辞し京都へ移る(以降を京都時代ともいう)
 色絵に加えて金銀を同時に焼き付けるという技法(金銀彩)を完成させ、羊歯文様等による独自の作陶様式を確立しました

 1955年2月15日、重要無形文化財保持者「色絵磁器」(人間国宝)に認定されいぇいます
 1961年、文化勲章を受章
 1963年に死去されています

富本憲吉氏の作品などはこちら  富本憲吉記念館のホームページ
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。