2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿楽師「世阿弥」

室町時代初期の大和猿楽結崎座の猿楽師です
世阿弥像 能楽堂

 正しくは「世阿彌」:正平18年・貞治2年(1363)?~嘉吉3年(1443)

父の観阿弥(觀阿彌陀佛)とともに猿楽(申楽とも)を大成し、多くの書を残しました
観阿弥・世阿弥の能は観世流として現代に受け継がれています

世阿弥の作品とされるものには『高砂』『井筒』『実盛』など50曲近くがあり、現在も能舞台で上演されています
また、『風姿花伝』などの芸論も史料価値だけではなく、文学的価値も高いとされています

 参考:ウィキペディア
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。