2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書家「今井凌雪」

漢字の書の第一人者として多くの作品を残しました
今井凌雪

今井凌雪(いまいりょうせつ)は奈良市生まれの書家です
2011年7月26日、88歳で亡くなられました

書芸術のおもしろさと難しさを身をもって感得し、その深奥世界への参入が始まったのは旧制中学3年のころのことという
以来、さまざまに意匠を凝らした数多くの傑作を発表
今井凌雪の作品は、いわゆる篆・隷・楷・行・草による作品はもとより、漢字仮名交じり・篆刻・刻字にまで及んでいる

【略歴】
中谷釜雙・辻本史邑に師事
東京教育大学・筑波大学・大東文化大学で教授、大東文化大学書道文化センター所長を歴任
1988年、大東文化大学書道研究所初代所長に就任
中国では西冷印社名誉社員、浙江中国美術学院客員教授、上海復旦大学兼職教授を歴任し高い評価を得る
テレビにおいては、NHK教育テレビ「婦人百科」「NHK趣味講座 書道に親しむ」(1983年4月~9月)「NHK趣味講座 書道に親しむ-行書 草書-」(1985年10月~1986年3月)の講師を務める
朝日新聞社主催「現代書道二十人展」のメンバーでもありました
黒沢明監督作品「乱」「夢」「まあだだよ」の題字を担当したことでも知られます
岩波書店の新日本古典文学大系の題字も担当しました

復原された平城宮跡『朱雀門』の扁額を記したのも今井凌雪です
朱雀門
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。