2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺南大門の仁王像

 わが国最大の木彫像です



 東大寺の山門(南大門)の再建とともに
 建仁3年(1203)、七月二十四日より造り始められ、同年十月三日に開眼されました
 
 高さ8.4mの巨大な木像

 門の向かって右に吽形(うんぎょう、口を閉じた像:842cm)
 左に阿形(あぎょう、口を開いた像:863cm)が安置されます

 一般的な仁王像の安置方法とは左右逆です
 
 1988年から1993年にかけて造像以来初めての解体修理が実施されました

 像内からは多数の納入品や墨書が発見されました
 阿形像は大仏師運慶および快慶が小仏師13人を率いて造り
 吽形像は大仏師定覚および湛慶が小仏師12人とともに造ったものです

 運慶が制作現場全体の総指揮に当たっていたようです



所在;奈良市雑司町406-1
 ℡、0742-22-5511(東大寺)
交通;近鉄奈良駅より 徒歩15分
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。