2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元興寺の薬師如来立像

榧(かや)の一材から彫りだされています
元興寺・薬師如来
 厚みのある堂々たる体躯を持ち
 前方を見据えて直立しています

 衣のひだは太く
 彫りも深い
 細部には微妙な変化が加えられています
 右の掌を開いて立てる施無畏の印を結び
 左掌に薬壷を持ちます

 平安前期の作
 国宝に指定されています
 像高:164cm

 元々は元興寺五重塔内に安置されていたようです
 安政6年(1859)五重塔は焼失しましたが
 無事運び出された記録が残っています
 
 現在、奈良国立博物館
 寄託されています

 唐招提寺・伝薬師如来立像(国重文)や
 京都・神護寺の薬師如来立像(国宝)とよく比較されます

 画像は奈良国立博物館のページより
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。