2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法隆寺聖霊院の木造聖徳太子坐像

聖霊院の中央厨子に安置されています

聖徳太子坐像

 頭部には垂飾りつきの玉冠を冠り、朱色の袍を着て、両手でしゃくをもっています
 像高83.2cm(平安時代の作・国宝)

 法隆寺西院東室の南端3房を改めた聖霊院の本尊です
 山背王坐像・殖栗王坐像・卒未呂王坐像・恵慈法師坐像とともに一具の像として安置されています

 聖徳太子像及侍者像として、法隆寺における聖徳太子信仰の中核をなすものです
 古記「聖徳太子伝暦」中の太子45才の時勝鬘経を講じた折の情景を彫像化したものだそうです

 各像とも神像を想わせる簡潔な姿です

 「古今目録抄」によればこれら群像が聖霊院再興の天仁年間(1108~1110)頃造顕され
 保安2年(1121)11月供養された聖徳太子像一具に合致するものと考えられます
 聖徳太子像の遺品中ほぼ年代のたしかめられる屈指の名品として意義深い作例とされます

 お会式:毎年3月22~24日の13:00~
 「聖徳太子坐像」が開扉されます

 聖霊院
 眷属像(平安時代、国宝)、如意輪観音半跏像(重文)、地蔵菩薩立像(重文)を安置しています
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。