2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法隆寺大宝蔵院(百済観音堂)の国宝仏

法隆寺大宝蔵院は平成10年に完成
 百済観音堂および東宝殿、西宝殿からなる建物で、寺宝がたくさん・・・

百済観音 木造観音菩薩立像(国宝)
 通称:百済観音

 飛鳥時代の作

 もとは金堂内陣の裏側に安置されていました
 細身で九頭身の特異な像容を示します
 伝来や造像の経緯などはほとんど不明です
 明治初期までは「虚空蔵菩薩像」と呼ばれていました


 観音菩薩立像(国宝)
 通称:夢違観音
  夢違観音
 奈良時代作の銅造
 江戸時代の宝永7年(1710)以降は東院絵殿の本尊として祀られていました

 この名の由来は
 悪夢を見ても、この仏像に祈れば吉夢に変えてくれるという伝説からです

  九面観音
 観音菩薩立像(国宝)
 通称:九面観音

 唐から将来の像
 香木を用います
 彩色を施さず白木で仕上げた檀像と呼ばれる像です

 細かい装身具、体部から遊離している耳飾や天衣まで
 完全に一木で彫り上げた技巧的な像です


 宝蔵院地蔵菩薩
 地蔵菩薩立像(国宝)

 平安時代作で木造

 もとは大神神社の神宮寺だった大御輪寺に有りました

 明治の神仏分離で法隆寺へ移つされました
 大宝蔵院ができるまでは金堂内陣の裏側に安置されていたそうです


橘夫人念持仏 橘夫人厨子及び阿弥陀三尊像(国宝)

 光明皇后の母橘三千代が日頃礼拝していたといわれる念持仏です

 奈良時代の作
 もとは金堂に安置されていました
 厨子内の阿弥陀三尊像は奈良時代の金銅仏の代表作です
 蓮池から生じた3つの蓮華の上に三尊像が表わされています

 六観音像(重文) :奈良時代作で木造
 重要文化財の指定名称は「観音・勢至菩薩」、「日光・月光菩薩」、「文殊・普賢菩薩」となっています
 本来の名称は不明です
 少しずつ様式の異なる三対の像から成ります
 (東京の根津美術館には、この六観音像と酷似した菩薩像があり、もとは8体あったものとも言われます)

 梵天・帝釈天立像、四天王立像(重文):いずれも奈良時代の塑像
 もとは食堂本尊の薬師如来像を囲んで安置されていたものです
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。