2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和茶

主に大和高原で作られるお茶は品質の良い煎茶です

茶畑

 大和高原は良質な茶の栽培には冷涼な気候が適しているとされ、茶の栽培が奨励されてきました

 わが国ではじめてお茶がお供えされたのは、天平元年(729)のこと
 聖武天皇の時代の記録に、「宮中に僧を召して茶を賜った」と記されているのが最初といわれています
 
 茶樹の栽培歴史においても、大同元年(806)に弘法大師が唐から種子を持ち帰り
 佛隆寺の開祖堅恵大徳に与え、現在の宇陀市榛原区赤埴の地に播種したのが最初と伝承されています

 『日本書紀』には、弘仁6年(815)に嵯峨天皇の勅命で
 大和・山城など畿内で茶を栽培させたと記されています

 仏隆寺には、弘法大師が持ち帰った茶臼が現在も保存されています
 茶の実も仏隆寺の境内に「苔の園」として保存され、これが「大和茶」の初めとも言われます

 月ヶ瀬園
 中谷商店
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。