2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生釈迦仏立像及び潅仏盤

東大寺の「灌仏会」の時に用いられる誕生釈迦像です

誕生釈迦仏立像及び潅仏盤

 像高:47.5cm (右前膊で手をついでいる以外は、一鋳です)

 目をほそめて、口許にほほえみを浮かべた半裸体の童児形のお釈迦様です
 右手を半ばあげ、左手は臂を引いて下げ、指をそろえて、いわゆる天上天下を指さす姿をとります
 50cm足らずの小像ながら堂々としたもので
 豊かな肉体に刻まれた胸、腹、腕等のくびれによる大まかな量感の表現は明るい大らかな気分を感じさせます
 
 大仏殿前の八角燈籠火袋の音声菩薩浮彫像とも類似します
 唐代の影響を受けた意匠は、正倉院の工芸品とも共通します
 天平勝宝四年(752)の東大寺大仏開眼会の行われた頃に製作されたと考えられています

 香水を受ける潅仏盤は、かつては全面に鍍金が施されていたそうです
 口縁には雲文、盤外側面には山岳・雲・楼閣・樹木・草花・飛鳥・蝶・霊獣などを線刻
 地文は魚々子を打つ

 奈良国立博物館に寄託されています
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。