2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一刀彫

「奈良人形」が伝統的な名称です

一刀彫
 桧、桂、楠などを素材として、ノミで豪快に彫り上げた上に、金箔や岩絵具などで極彩色を施しているのが特徴です

 奈良人形は平安末期より執行された春日若宮祭において、当初より奉賽されていた田楽の用具(笛吹笠)に風流人形を用いたのが起源とされます
 祭りの威儀物(飾り物)としての盃台に設えられた人形もその起こりと伝えられます

 盃台はしだいに祭礼以外に贈答等の需要により発展していき
 人形の題材も『能』『舞樂』『動物』等へと広がりを見せていきます

 江戸時代より「岡野松壽」の一家が代々奈良人形作りを続け、明治時代まで十三代も続いています

 江戸時代末期に巨匠「森川杜園」によって、その技術・風格が芸術の域に高められます
 杜園の作品の多くは、東京国立博物館奈良国立博物館東京芸術大学ほか春日大社にも所蔵されています

 一刀彫の命名は、比較的新しく
 明治期に水谷川春日大社宮司の進言にもとづいて、刀法を強調する意味から『一刀彫』と呼ばれる様になりました

一刀彫2
 奈良一刀彫同好会のホームページ
 荒木義人さんのページ
 一刀彫工房 大林杜壽園のホームページ


 森川杜園(もりかわ とえん)  
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。