2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良晒

南都随一の産業と云われました

奈良晒

 古事記の昔に源を発しますが、麻織物の一級品としてその名が天下に知れ渡ったのは、江戸時代初めのことです

 麻皮(青苧)を紡いで糸にし、手織りした麻布(生平)を真白く晒したものです

 現在、軽く晒した麻布に正倉院文様などを染めたのれん、テーブルクロスなどの室内装飾品が作られています

 奈良晒(さらし)は、麻織物を白く晒しあげたものですが、肌ざわりがよく汗をよくはじくというので有名でした
元来は、僧や神官の衣として需要がありました

 清須美清四郎という人が、桃山時代の天正年間に晒法の改良に成功し、家康にほめられ幕府の保護をうけてにわかに盛んになったといわれています
 それまで晒は、主として僧侶や神官の衣装として用いられ、武士の裃や夏のひとえものとして、販路が広がりました
 幕府にも納められ、徳川家康は御用品とするとともに、奈良晒の製造・販売を掌握・統制する制度を作っています

 奈良マーチャントシードセンター →物産・伝統工芸
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。