2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲げ物

古代より日用品として使用されていたようです

曲物
平城宮遺跡の発掘調査で井戸跡から曲物容器が出土しています

吉野郡天川村洞川で、おもにヒノキを使って作られていました

檜・杉などの薄く削り取った材を円形に曲げ、合せ目を樺・桜の皮などで綴じて作った容器
曲物を作る職人を曲物師、特に曲げ職人を曲師といいます

木材を薄く剥いで煮て曲げても割れないくらいに十分柔らかくし、手で曲げた後、桜の皮などを使って固定、形を保ったまま乾燥します
こうして作られた桶やひしゃくなどが「曲げもの」と呼ばれます

飯櫃、弁当箱(メンツ)、水汲みの柄杓子などが代表的な製品です
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。