2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺開山堂の木造良弁僧正坐像

がっしりした体躯に気魄をみなぎらせた肖像彫刻の傑作です

良弁僧正

秘仏開扉:毎年12月16日(良弁忌の法要終了後、拝観することができます)
制作年代:平安時代(10世紀~11世紀)
像高92.4cm (国宝)

良弁僧正は、一説には持統天皇3年(689)、相模国の漆部(ぬりべ)氏の子として生まれ、義淵僧正に師事されたといわれます
別伝では近江百済氏の出身で幼時に鷲にさらわれ、義淵僧正に育てられたともいわれています

東大寺の前身寺院である金鐘寺に住したのち、東大寺の創建に尽力され、天平宝字7年(763)に僧正位に昇り、宝亀4年(773)閏11月16日に遷化された

それから246年後の寛仁3年(1019)初めて御忌法要が営まれますが、開山堂はそのときに創建され、安置の僧正像も同時に造立されたといわれています
重厚な造りや鋭い衣文表現などから、様式的には9世紀後半の作とする説もあります
持物の如意は厨子内の杖とともに、僧正遺愛の品と伝えられます

東大寺・開山堂二月堂下、四月堂北側白壁の囲みの中、宝形造の小さな堂(国宝)があります
その堂の内陣中央に八角造の厨子が据えられ、国宝の僧正像が安置されています
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。