2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金峯山寺蓮華会・蛙とび行事

蓮華会は、金峯山寺の三大行事の一つです

蛙飛び
毎年7月7日:蓮華会
毎年7月7日~9日:蓮華奉献入峯

昔、金峯山へ登っていた男が仏法を侮辱ところ、大鷲に断崖絶壁へとさらわれ後悔しているのを、通りががりの高僧が男を蛙の姿に変えて救いだし、蔵王権現の法力によってもとの姿に戻した、という伝説を行事にしたものです

吉野山金峯山寺の蓮華会は
毎年7月7日(古くは6月9日)早朝に、大和高田市の「奥田の蓮池の蓮取り行事」に始まります
吉野山一山の僧侶が蓮を迎え、金峯山寺蔵王堂にその蓮を供え蓮華会を営む行事です

翌日、8日に大峯奥駈道の道沿いの拝所に蓮を供えながら、山上ヶ岳・大峰山寺まで蓮を持ち運び供える行事が行われます
この蓮華会では、蔵王堂にて献花の後、蛙を人間に変える修法「蛙とび」の儀式が行われます

この行事は、室町時代の記録『当山年中行事条々』(竹林院所蔵)の6月の項に
「同(六月)九日、禅衆ノ役ニテ、蓮華ノ迎ニ下向。往古ハ奥田ニテ延年在之、近年者丈六堂マテ下向シ、蓮華ヲ蔵王堂奉入、其夜験競アリ、番張等堂家方役」の記事があり、当時の様子が確認できます
また、正徳3年(1713)成立の『滑稽雑談』や文化12(1815)年頃からまとめられた『大和國高取領風俗問状答』にも奥田から蓮を運び、蔵王堂に供え、その後「蛙とび」の行法のあった記録が残っています

明治時代に若干の中断はあったようですが、室町時代から今日までほぼ連綿と続けられている行事です

大峯奥駈道の道沿いの拝所に蓮を供える行為は、山の神に花を供える古風な山への信仰形態が認められ、貴重な民俗文化です
この行事で何よりも注目されるのは、ユ-モラスな演劇的要素がともなう「蛙とび」の儀礼と口頭伝承が存在していることです
蛙が、山伏達の読経の功徳と導師の受戒を授って、めでたく元の人間の姿にかえる儀礼は、修験者の護法の能力をきそう験競べと解されます
大峯山の信仰を背景に成立した修験道の儀礼として重要な文化です

また、蛙は吉野山の地霊を示す動物と信じられているそうです

奈良県南部の吉野山付近ではこの日「蓮華さん」と呼び、奥田からの蓮を迎え「蛙とび」とも呼び親しまれます
奈良盆地の奥田の蓮池から吉野山を経て大峯山上ヶ岳までの広がりを持つスケールの大きな祭礼です

場所はこちら⇒金峯山寺
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。