2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊乗上人坐像

鎌倉復興の功労者・俊乗房重源上人の肖像です

俊乗房重源上人坐像

東大寺鐘楼脇に建つ俊乗堂に安置されています

俊乗忌法要終了後(11:00時頃)~16:00頃まで俊乗堂で開扉されます
入堂料:500円
開扉:毎年7月5日(無料)、12月16日(有料)
制作年代:鎌倉時代(13世紀)
像高81.8cm「国宝」

この像は、重源上人の菩提を弔うために弟子等が造立したと伝えられています
制作年代は、建永元年を余り隔たらぬ頃のようです
作者は不明です
かつては、念仏の師と仰いだ快慶の作とする説が有力でした
近年は、優れた写貌の手法などから運慶一派の一流の仏師によるものとする説も有ります

俊乗房重源上人は、治承4年(1180)東大寺炎上後の復興事業にあたり、諸国を普く勧進し、その功を遂げた人です
建久6年(1195)3月12日、天皇行幸の下に供養を営み建永元年(1206)に86歳で入滅しました

スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。