2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当麻寺の国宝工芸品

梵鐘:日本最古の梵鐘とも云われます(確証なし)

当麻寺梵鐘

山門(東大門)を入ってすぐのところの鐘楼に吊されています

総高約150cm、口径約85cmで細長い特異な形状をしています
下帯には忍冬唐草文様が鋳出されています
鐘身は歪んでいて亀裂もあり、口径は真円ではないそうです

綴織当麻曼荼羅図  
中将姫が蓮糸で一夜にして縫い上げたとの伝説が残ります


綴織当麻曼荼羅図

阿弥陀三尊と浄土の風景が描かれています

損傷が激しく非公開です
現在は、国宝当麻曼荼羅厨子にレプリカが展示されています

大きさ3.95m角という大画幅です
極めて損傷がひどく修補が重ねられているため、絵画と見誤られていた時期もありました
数十年前から研究の結果、綴織の錦であることが判明

この織物の図像は、すでに早くからひどくいたんでいたようで、3回の転写本が作られています
第一回の建保曼荼羅と言われるものは現存しません
第二回目が文亀、第三回の転写は貞享の写本です

原本はその後板張りにしてありましたが、延宝8年(1680)にそれを剥して、幅装に改めています
剥きとったあと板壁に残った残片が付着したものを裏板曼荼羅と云われます
現在厨子の裏側にみているのがそれです

当麻曼荼羅厨子
現存最大最古の厨子です


当麻曼荼羅厨子

 本堂の内陣中央の須弥壇上に
 当麻寺本尊の阿弥陀浄土変相図「当麻曼荼羅」
 をおさめる厨子が置かれています

 かつて本堂解体修理の際この厨子も調査され
 天平時代の飛天や草花文のデザインの装飾とその痕跡などがみつかり
 本堂設立当初から伝わるものであることが確認されました


倶利伽羅龍蒔絵経箱
 
倶利伽羅龍蒔絵経箱
 当麻寺奥院が宝物館に所蔵しています

 印度の高僧善無畏三蔵が唐僧恵果阿闍梨に伝え
 阿闍梨はまた入唐求法の弘法大師に
 更に大師弘仁十四年當麻寺参籠の砌り伝授したと伝える実に三国伝来の経箱です

 蓋の中央に倶利伽羅龍、両脇に制多迦(せいたか)、矜伽羅(こんがら)のニ童子を研出蒔絵に表わされています
 倶利伽羅不動尊影としては我が国最古のもので不動信仰史上貴重なものです

スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

«  | ホーム |  »

プロフィール

TERA

Author:TERA
奈良中を巡っています

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

 

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。